近現代

アジア学叢書 第44回配本 「台湾編」全4巻(321~324巻)

アジア学叢書 第44回配本 「台湾編」全4巻(321~324巻)

著者:各巻参照

発行年月:2018年9月

台湾の民族・民俗・習慣・習俗・信仰・社会・言語・自然・産業等々に関する充実の情報量。今と「当時」の台湾を多角的に知る「台湾・中国」研究に必見の4冊!

歩いてみよう 志津 史跡・いまむかし

歩いてみよう 志津 史跡・いまむかし

著者:宮武 孝吉〔たかよし〕

発行年月:2018年9月

千葉県 佐倉市 志津〔しづ〕地区

気づかなかった有形・無形の遺し伝えるべき文化財。
丹念な調査と文化財への熱い思いがみごとに結晶。
“街歩きガイド”を越えた郷土案内の手本!

明治=岩手の医事維新 医師・三田俊次郎の挑戦

明治=岩手の医事維新 医師・三田俊次郎の挑戦

著者:三田 弥生

発行年月:2018年8月

三田俊次郎 1863・文久3~1942・昭和17
ここに維新を武士の魂で生き抜いた明治の意地がある。
何よりもまず“医療”に維新を!
僻遠の地に生きる人々の健康で幸福な生活を構築するために、全精力を注ぎきった明治人の生涯。

アジア学叢書 第43回配本 「南方事情(タイとマレー)編」全6巻(315~320巻)

アジア学叢書 第43回配本 「南方事情(タイとマレー)編」全6巻(315~320巻)

著者:各巻参照

発行年月:2018年4月

「南方」の資料は厖大。文化・地誌・歴史を、日本との関係をさらに深く掘り下げ、時代を知る。

〈実録〉幕末・明治・大正の八十年(全5巻)

〈実録〉幕末・明治・大正の八十年(全5巻)

原著者:東洋文化協会

発行年月:2017年11月

その時、その場に居合わせたような圧倒的臨場感!
160年前・黒船来航から維新を経て明治・大正までの80年間を迫真・躍動の稀覯写真で一気に鳥瞰!
*信頼おける秘蔵・稀覯写真 総約3200点、1100人超の人物写真 モノクロ約1200頁、カラー43頁
*〈迫力写真満載〉大型本=B4判(週刊誌の倍)
幕末志士、明治・大正の名士・著名人、民衆の顔・おもかげ、歴史に残る名場面・重要事件から世態風俗まで、現代日本人が不変の共感を抱き多くを学ぶ魅力に満ちた時代が、すぐそこに甦る!

戦前日本社会事業調査資料集成 補巻(災害救助)

戦前日本社会事業調査資料集成 補巻(災害救助)

編者:社会福祉調査研究会

発行年月:2017年10月

3・11東日本大震災以後とくに重要性が増した課題「災害救助」をテーマに戦前期の特筆すべき記録を集成。一般災害(関東大震災)、産業・戦争災害他の重要記録・資料(未公刊資料を含む)を収める。

アジア学叢書 324巻 台湾民族性百談

アジア学叢書 324巻 台湾民族性百談

著者:山根 勇蔵

発行年月:2018年9月

元警務局嘱託(為政者)として「統治省教化」の任に当たった著者による「民族心理」研究の集成。
原本:杉田書店・1930・昭和5年刊。

アジア学叢書 323巻 台湾旧慣 冠婚葬祭と年中行事

アジア学叢書 323巻 台湾旧慣 冠婚葬祭と年中行事

著者:鈴木 清一郎

発行年月:2018年9月

「本島警察界に於ける台湾語研究者の第一人者」(序:台湾総督府警務局長=石垣倉治)による台湾の習俗・信仰・習慣・言語研究の集大成。
原本:台湾日日新報社・1934・昭和9年刊。

アジア学叢書 322巻 施政四十年の台湾

アジア学叢書 322巻 施政四十年の台湾

著者:台湾総督官房調査課

発行年月:2018年9月

1895・明治28年、日清戦争後に総督府設置から40年「施政四十周年記念・台湾博覧会記念出版物」。諸統計表で全般にわたり概説する台湾史。
原本:伊藤憐之助(「台湾時報」発行人・1935・昭和10年刊。

アジア学叢書 321巻 台湾島の現在

アジア学叢書 321巻 台湾島の現在

著者:大谷 光瑞

発行年月:2018年9月

「台湾博物誌」の観を有する圧巻。
原本:大乗社・1935・昭和10年刊。