江戸時代庶民文庫 64巻 西洋衣食住ほか

第2期第1回(全5巻・61~65巻)配本所収

解題者:小泉 吉永

発行年月:2018年6月

価格:本体14,500円(税別)

ISBN:978-4-86688-064-8

体裁:A5判・350頁・上製・クロス装

江戸時代庶民文庫 64巻 西洋衣食住ほか

【ジャンル】書名(主な作者/刊行年など)
【料理・近代家政】
○西洋衣食住(片山淳之介〔福沢諭吉〕/慶応3年)
図解で紹介(三部構成)。「衣之部」は、多くが男性用衣服で、用途・形状・素材、また着用・装飾の心得等にも言及。「食之部」は、最小限の食事マナーや饗応時の酒についても触れる。「住之部」は、西洋人の身嗜みや、室内の土足やベッドでの就寝など日本とは異なる生活習慣について述べ、末尾に、十二時法と西洋時計の見方を説明。
○万宝玉手箱 初篇(杉田成卿/安政5年)
海外の著作の中から生活に役立つ「簡便利用の方法」を集め、雑多な備忘録を加えた。西洋の科学的知識を活用した生活上の工夫が目立つ。
○〈日用助食〉竃の賑ひ(大蔵永常/江戸後期)
主として都会でその日暮らしをする人々に対して、飢饉時の救荒食、特に米や雑穀や野菜を混ぜた「かて飯」を主とする救荒食の作り方や効能その他の関連知識を紹介した書。
○〈料理調菜〉四季献立集(秋山子/ 天保7年)
初心者にも分かりやすく四季料理の献立と調理法を解説した料理書。二汁五菜、鱠之部、酢之部、四季附込之部、平之部、四季鉢肴、丼物之部など、調理法や諸注意を箇条書きで簡潔に記す。

解題者紹介: 法政大学講師、往来物研究家、往来物倶楽部代表。

ご注文・お問い合わせ