江戸時代庶民文庫 86巻 広恵済急方

第2期第5回(全5巻・81~85巻)配本所収

解題者:小泉 吉永

発行年月:2020年11月

価格:本体25,000円(税別)

ISBN:978-4-86688-086-0

体裁:A5判・600頁・上製・クロス装

特記:分売可

江戸時代庶民文庫 86巻 広恵済急方

【ジャンル】書名(主な作者/刊行年など)
【医学・本草】
○広恵済急方(多紀元徳/寛政2年)
仮名書きの平易な記述と豊富な図解により、適切かつ実用的な処方や治療法をまとめた民間向けの救急医療辞典。十代将軍徳川家治の要請で編纂された。上巻は「卒倒之類」中風・脱腸・交接昏迷・中気・痰厥など19項。中巻は「卒暴諸証」吐血・歯衂舌衂・諸失血眩暈など22項と「外傷之類」金創・舌断・擦壊など15項。下巻は「横死之類」餓死・縊死・溺死など6項、「諸物入九竅」誤呑銅鉄物・諸物哽咽・卒食噎など7項、ほかに「中毒之類(諸物中毒)」、「婦人(産前)急証」、「臨産急証」、「産後急証」、「小児急証」を収める。

解題者紹介:往来物研究家、往来物倶楽部代表、立正大学・人間総合科学大学非常勤講師、学術博士。(原版作者は各巻参照)

ご注文・お問い合わせ