アジア学叢書 327巻 朝鮮及満洲之研究 第一輯 附膠州湾及山東省事情

第45回「エリア・山東編」全3巻(325~327巻)配本所収

編者:朝鮮雑誌社

発行年月:2019年8月9日刊行

価格:本体19,000円(税別)

ISBN:978-4-908926-67-9

体裁:A5判・480頁・上製・クロス装

アジア学叢書 327巻 朝鮮及満洲之研究 第一輯 附膠州湾及山東省事情

雑誌「朝鮮」(明治41年3月発刊。後改題「朝鮮及満洲」)から朝鮮・満洲研究必読の論考を精選した〈朝鮮及満洲臨時増刊〉。編集長は哲学館(現・東洋大)卒後、井上円了の勧誘で朝鮮に渡る。本書は第一次世界大戦勃発後、日本が青島占領した早々の時期の「事情」を速報する。
原本:朝鮮雑誌社・1914・大正3年刊。

【目次抄】(S)=釈尾旭邦(朝鮮雑誌社長・「朝鮮及満洲」主筆)筆
[附膠州湾及山東省事情(大正3年10月稿を主とする)]カイゼル式の勇/青島の一斑(総督府山林課長)/最近の青島(満洲日々新聞主筆)/陥落前の青島に於ける日本人/山東省及び之に対する独逸の施設に就て(東洋拓殖会社金融部長)/新に活動舞台となりし山東省/独逸の膠州湾占領始末/我日本帝国の膠州湾占領(S)

[朝鮮・満洲関連記事]朝鮮と満洲との比較(S・明45.1)/歴史上より見たる朝鮮と満洲(明45.6)/経済上より見たる朝鮮と満洲(明45.2)/産業及金融上に於ける朝鮮と満洲との差異(朝鮮銀行理事、大2.8)/伊藤公の統監政治を論ず(S・明41.3)/吾徒の提唱する日韓合併の理由(明41.5)/朝鮮併合問題(S・明43.4)/朝鮮人とは如何なるものか(S・明43.9)/朝鮮人の同化力(S・明44.11)/併合の目的は同化に在り(李王職次官、明44.9)/同化策より見たる台湾人と朝鮮人(総督府視学官、明44.9)/朝鮮人を如何に教育すべきか(S・明44.2)/朝鮮の統治と精神的統一(日本基督教青年会幹事、大3.5)/総督政治を論ず(S・大2.4)/自由民権思想と植民地(S・大3.4)/朝鮮統治私議(衆議院議員、明44.5)/国民経済上より見たる朝鮮経営の根本義(東洋拓殖株式会社調査部長、大3.4)/朝鮮の拓地殖民(大3.4)/満洲の開発と在留民の努力(鉄道院総裁、大2.11)/満洲の自然と日本民族(満鉄大連医院長医学博士、大2.11)/満洲開発の議論と実際(南満洲鉄道株式会社理事、大2.11)/満蒙五鉄道(満洲日日主筆、大2.11)/満蒙問題の解決(遼東新報主筆、大2.11)/朝鮮に於ける治水事業の現在及び将来(農商工部長官、大3.8)/経済的革命時代に於ける朝鮮農業界(農学博士、明45.3)/水産と山林の関係(農商工部技師、明42.12)/朝鮮の山林に就て(農商工部山林課長、明44.6)/氾濫地防禦工事に就て(大2.7)/干潟地開墾と其方法(大正2.3)/朝鮮といふ名称に就て(文学士、明44.4)/日韓上代の文化と其関係に就て(明43.10)/新羅伽耶以前の南韓族(朝鮮総督府嘱託、大3.5)/南満洲に於ける古代の交通路(明45.10)/朝鮮芸術の変遷に就て(明43.1)国境問題に上りし白頭山の定界碑(朝鮮総督府観測所長・理学博士、大2.11)/日韓両語語法の酷似せる一例(明43.2)/韓族の南風北俗(李王職嘱託、大2.9)

ご注文・お問い合わせ