HOME >> ギャラリー >> 新聞資料 >> カストリ新聞

カストリ新聞 [全1巻]
― 昭和二十年代の世相と社会 ―

■監修 新聞資料ライブラリー(代表・羽島知之)
■タブロイド判(364×270mm)420頁
■全1巻/上製本
■定価(本体9,709円+税)
[1995年発行]

※カストリとはもともと「粕取り焼酎」という粗悪な密造酒のことで、<3合>飲むと酔いつぶれることから、<3号>でつぶれる=廃刊になる、出版物もさしていうようになった。


【本書の特色】
本書は敗戦後刊行された厖大ないわゆる「カストリ新聞」から、当時の世相と社会、風俗を反映する新聞54紙を精選収録した。
存在すらあまり知られていない「カストリ新聞」を、まとまった形で見ることは極めて困難であり、
本書によって初めてその内容、性格、沿革、歴史を総覧できる。
敗戦直後の世相、風俗、社会状況を知る上で格好の歴史資料。
巻頭に監修代表者の解説「カストリ新聞の流行」を収録。