HOME >> ジャンル >> 総記 >> 写真図説日本巨樹名木大辞典

1世紀前から半世紀にわたる
日本の巨樹名木の明細がここにある
写真図説
日本巨樹名木大事典

■全4巻・別冊1 B5判・総約2,200頁・上製(別冊並製)
■ISBN978-4-283-00742-0
■セット定価(本体79,000円+税)〈分売不可〉
[2009年発行]

【全4巻・別冊1 内容】

1 大日本老樹名木誌 本多静六 編 (大正2年、大日本山林会) 480頁
 <樹木1500点・写真150点>

2 日本巨樹名木図説 三好 学 著 (昭和11年、刀江書院) 520頁
 <樹木222点・写真222点>

3・4 日本老樹名木天然記念樹 帝国山林会 編
  /大日本山林会 刊(昭和37年) 1100頁(上下分冊)
 <樹木3385点・写真658点>

別冊 索引 (第1〜4巻 <都道府県別所在>)



地何百年、ときには千年を超えて生き続ける巨樹・老樹に
日本人は古来、特別な親しみを抱いている。
思わず畏敬の念が湧いてくる立ち姿に
単なる植物としての存在を超えた大いなる生命を感じ取ってきた。

日本の樹木保護・育成を支えてきた人と団体による 最も信頼できる調査記録の白眉

■特色
●日本各地に残る巨樹・老樹・名木の実態
(樹種・所在・計測値〈樹高・幹周・樹齢など〉・現状・来歴)  を調査した基本的文献3書を集成。

● 調査期間・公表刊行は明治中期から約25年おきの半世紀。
樹木調査には全国の市町村が協力を惜しまなかった。

●林学・造園・植物学等の著名学者・組織による積年の調査を集成。

●現在の巨樹・名木との比較に、すでに姿を消した樹木のデータや写真を探すときに
  最も信頼できる根本資料。





併せてご活用ください!
校正 大日本植物帯調査報告・図表

■田中 壌 著
■発行 大日本山林会(原本:農商務省刊<明治20年>)
■発売 大空社
■調査編1・図表編1/全2巻
  解説論文「日本植物帯の明治期における調査研究について」
        「ハインリッヒ・マイルの日本山林巡回とその影響について」
■B5判/上製クロス装/函入
■定価(本体12,000円+税)
[1998年発行]

明治期わが国初の国家的大事業!
広域にわたる調査比較を要する水平的森林植物帯調査の第一級基本文献