HOME >> ジャンル >> 言葉/言語学 >> 日本語になった西洋語 急増するカタカナ語

日本語になった西洋語
急増するカタカナ語


■野繁男 著
■造本 四六判/並製/カバー装/198頁
■定価(本体2,500円+税)
■ISBN978-4-283-00781-9
[2011年発行]


かつてない外来語急増!
このままカタカナ語が増えつづけると、日本語の将来はどうなるのだろうか。
英語公用語論・英語世紀・カタカナ語氾濫……憂える前にこの1冊。

近代日本語史・語彙形成研究を専門とする著者が、多くの具体的な用例を示しながら現代日本語の“現状”をあぶり出す。
同様の状況にある中国における外来語の現状も視野に入れ、この問題に関心あるすべての人に、“冷静に”考える材料を提供する。

(目次より)
カタカナ語の急増は何をもたらすか/日常生活のことば 西洋語受容の転換 訳語の中の和製外来語/西洋文化の受容とことば/近代の洋学 幕末西洋語事情 漢字の効用/洋学書のことば 明六雑誌百科全書 哲学字彙/日中漢語の交流・日中同形語 ○付・語彙索引〈日本語・中国語の用例。ことばから引いて読める〉