HOME >> ジャンル >> 文学/児童文学 >> 定本 小川未明童話全集

定本 小川未明童話全集
〔全16巻+別巻解説1〕

■造本 A5判/布表紙2色箔押し/カラー貼箱入/カラー口絵全32点
  /さし絵全471点 原本を忠実に複刻
■装丁 武井武雄
■全16巻・別巻1揃定価(本体120,000 円+ 税)
■第1回配本 第1巻〜第10巻定価(本体70,000 円+税)
■第2回配本 第11巻〜第16巻・別巻解説1定価(本体50,000 円+税)
■監修 武田泰淳・坪田譲治・滑川道夫・山室静
[2001-02年発行]


日本童話界の最高峰、小川未明の 作品698点を収録した決定版全集!!

【本全集の特長】

●底本は講談社版定本『小川未明童話全集』全16巻(昭和51年〜53年)です。

●第一童話集「赤い船」(明治43年刊行)から最晩年の童話作品までを、略刊行年代順に編纂しました。

●各種流布本を比較検討のうえ、現代表記に改めた定本全集です。

●初版本、昭和2年刊行の丸善版全集等から、作品の鑑賞を助け、資料的な価値も高い、美しいさし絵を多数再現収録しました。

●少年詩、童謡、幼年童話のほか、折々に書かれた児童文学をめぐる未明のエッセーも収録し
偉大な童話作家としての未明の全貌を明らかにします。

●詳細な年譜、全童話作品についての初出一覧等、貴重な資料を本巻に収載し、新たに解説を付しました。


収録内容

第1巻
赤いろうそくと人魚 ほか42編

(明治43年〜大正10年)

●赤い船 ●海の少年 ●眠い町 ●牛女 ●金の輪●赤いろうそくと人魚 ●時計のない村 ●春がくる前●金の魚 ●太陽とかわず ほか(新収録作品11編)
解説 山室静/口絵 初山滋・川上四郎

第2巻
小さな草と太陽 ほか46編

(大正10年〜大正12年)

●港に着いた黒んぼ ●北の国のはなし ●笑わない娘 ●小さな草と太陽●野ばら ●笛吹きと女王 ●二つの運命 ●気まぐれの人形師●星の子●ふるさとの林の歌 他(新収録作品13編)
解説 山室静/口絵 小川哲郎・武井武雄

第3巻
飴チョコの天使 ほか38編

(大正12年〜大正13年)

●紅すずめ ●びっこのお馬 ●飴チョコの天使 ●お姫さまと乞食の女●黒い人と赤いそり ●月夜と眼鏡 ●遠くでなる雷 ●星と柱を数えたら●青い花の香り ●童謡 ほか(新収録作品3編)
解説 与田準一/口絵 初山滋・武井武雄

第4巻
ある夜の星たちの話 ほか43編

(大正13年〜大正15年)

●魚と白鳥 ●こまどりと酒 ●ある夜の星たちの話●こいのぼりと鶏 ●山へ帰りゆく父 ●兄弟の山ばと ●月とあざらし●三つの鍵 ●海から来た使い ●小さな金色の翼 ほか(新収録作品15編)
解説 与田準一/口絵 初山滋・武井武雄

第5巻
二度と通らない旅人 ほか45編

(大正15年〜昭和3年)

●とんぼのおじいさん ●日がさとちょう ●水車のした話 ●町の天使●赤い船とつばめ ●銀のつえ ●金魚売り ●小鳥と兄妹●二度と通らない旅人 ●一本の銀の針 ほか(新収録作品7編)
解説 滑川道夫/口絵 初山滋・川上四郎

第6巻
雪くる前の高原の話 ほか41編

(昭和3年〜昭和5年)

●北の不思議な話 ●幸福の鳥 ●ある冬の晩のこと ●酒屋のワン公 ●街の幸福 ●三つのお人形 ●千羽鶴 ●雪くる前の高原の話 ●ふるさと ●サーカスの少年 ほか(新収録作品4編)
解説 滑川道夫/口絵 初山滋・武井武雄

第7巻
すいせんと太陽 ほか44編

(昭和5年〜昭和6年)

●年とったかめの話 ●真心の届いた話 ●すいせんと太陽 ●朝と町の少年●いんことしじゅうから ●よいどれの時計 ●正ちゃんの鉄棒 ●茶屋の黒犬●頭を下げなかった少年 ●青いランプ ほか(新収録作品5編)
解説 続橋達雄/口絵 初山滋・茂田井武

第8巻
青空の下の原っぱ ほか41編

(昭和7年〜昭和8年)

●森の中の犬ころ ●雪で作ったお母さん ●太陽の下で ●銅像と老人●くもとかきの葉 ●青空の下の原っぱ ●風に吹かれる花 ●トム吉と宝石●金のおのと人形 ●はまぐりとひきがえる ほか(新収録作品2編)
解説 続橋達雄/口絵 中尾彰・野間仁根

第9巻
雪原の少年 ほか33編

(昭和8年〜昭和9年)

●雪原の少年 ●青空の下の少女 ●桃の花 ●子供と虫 ●かまきりとジョン ●英ちゃんの話 ●犬車がゆく ●しいの実 ●小さな兄弟 ●月の中へ消えたこい ほか(新収録作品13編)
解説 西本鶏介/口絵 山下大五郎・斎藤長三

第10巻
少年と秋の日 ほか55編

(昭和10年〜昭和11年)

●黒いちょうとお母さん ●赤い実 ●烏とかがし ●気にいらない鉛筆●隣村の子 ●少年と秋の日 ●空晴れて ●いちょうの葉●きれいなきれいな町 ●田舎のお母さん ほか(新収録作品26編)
解説 西本鶏介/口絵 村山知義・武井武雄

第11巻
子ざると母ざる ほか35編

(昭和11年〜昭和13年)

●年ちゃんとハーモニカ ●さびしいお母さん ●玉虫のおばさん●真坊と和尚さま ●僕がかわいがるから ●幼友だち ●子ざると母ざる●もずとすぎの木 ●一粒の真珠 ●眼鏡 ほか(新収録作品16編)
解説 続橋達雄/口絵 鳥井敏文・緑川広太郎

第12巻
春風の吹く町 ほか40編

(昭和13年〜昭和15年)

●雪の降った日 ●昼のお月さま ●谷間のしじゅうから●海へ帰るおじさん ●武ちゃんと昔話 ●夕焼けがうすれて●クラリネットを吹く男 ●春風の吹く町 ●少女と老兵士●はととりんご ほか(新収録作品17編)
解説 続橋達雄/口絵 小川哲郎・恩地孝四郎

第13巻
生きぬく力 ほか42編

(昭和16年〜昭和24年)

●僕が大きくなるまで ●ある夜の姉と弟 ●野菊の花 ●生きぬく力●山へ帰ったやまがら ●小さなねじ ●つづれさせ ●とうげの茶屋●つばめと魚 ●新しい町 ほか(新収録作品5編)
解説 西本鶏介/口絵 鈴木信太郎・大沢昌助

第14巻
緑色の時計 ほか34編

(昭和25年〜昭和32年)

●ひすいの玉 ●緑色の時計 ●かたい大きな手 ●風七題 ●太陽と星の下●きつねをおがんだ人たち ●時計と窓の話 ●春はよみがえる ●うずめられた鏡●ペスときょうだい ほか(新収録作品21編)
解説 西本鶏介/口絵 三好悌吉・井口文秀

第15巻
しらない町の子 ほか62編

(昭和7年〜昭和11年)

●おうまのゆめ ●ちょうちょうとばら ●風の子とおひなさま ●しらない町の子●子ねこをもらった話 ●かくれんぼ ●雪だるまとおほしさま ●ふしぎなバイオリン●どらねことからす ●虫と花 ほか(新収録作品31編)
解説 滑川道夫/口絵 初山滋・武井武雄

第16巻
こがらしのふくばん ほか41編

(昭和14年〜昭和29年)

●お月さまとぞう ●こがらしのふくばん ●はつゆめ ●きょうだいののネズミ●森のかくれんぼう ●ねずみのおんがえし ●おじさんのうち●うみぼうずとおひめさま ●ねずみとねことこおおろぎ ●ふくろうをさがしに ほか(新収録作品15)
解説 滑川道夫/口絵 武井武雄・川上四郎


別巻解説
未明童話の世界
編集:小川英晴・上笙一郎・砂田弘
対談・座談会/
研究・論考/
エッセイ・オマージュ/
月報1〜16号