HOME >> ジャンル >> 文学/児童文学 >> 図説 絵本・挿絵大事典版

図説 絵本・挿絵大事典 全3巻


■編著者 川戸道昭・榊原貴教
■大空社・ナダ出版センター 共同出版
■B5版/上製/クロス装/表紙カバー
■全3巻(総ページ1074頁)/カラー456頁
■揃定価(本体95,000円+税)
■ISBN978-4-283-00621-8
[2008年発行]


児童書・文学の垣根をとり払い
絵本・挿絵400年(江戸から現代まで)の歴史を新しい視点でまとめた
日本初の図説総合事典!
文学・美術・教育・近代史の研究者、図書館、美術館に必携のレファレンス


【本書の特徴】
一.日本の児童書の400年を一つの視野に収める壮大な図説絵本・挿絵事典
   ――江戸期から現代へ、変化したのは何であったかを探る。

二.わが国初、歴史事典としての画期的な図説絵本・挿絵事典
   ――絵本・挿絵400年の深奥な歴史を初めて通史としてとらえる。
   ――図版資料2150余点(うちカラー1750余点)収載の圧巻。

三.挿絵画家ごとに、列伝、絵本と挿絵の掲載書を目録化する絵本・挿絵事典
   ――日本初、圧巻1200余名の挿絵画家の略伝と作品掲載目録を一望する。
   ――図版資料400余点を添える。

四.実証的資料(新資料多数)の宝庫となる比類なき絵本・挿絵事典
   ――絵の入っている書物・雑誌・新聞を網羅的に幅広く採りあげる。


【全巻構成】
●第1巻  図説 日本の児童書400年 【全ページカラー】
            ――カラー図版資料1750余点収載
第1部 江戸期 絵入り版本の黎明〜児童書のはじまり〜江戸後期の児童書 【全ページカラー】
第2部 明治期 「近世」から「近代」へ〜近代児童文学への道 【全ページカラー】
第3部 大正・昭和(戦前)期 芸術志向の高まり〜大衆化の流れの中で 【全ページカラー】
第4部 昭和(戦後)期 近代から現代へ 【全ページカラー】

●第2巻・第3巻 絵本・挿絵画家事典 (挿絵画家50音順)
            ――図版資料400余点収載
江戸時代から現代までの絵本・挿絵画家1200余名の列伝と作品掲載目録