HOME >> ジャンル >> アジア学叢書 >> 南洋

第14回配本 【南洋 編】

配本 書名 判型・頁数  著者(発行所、発行年)
 〔参考資料〕 ▼内容キーワード 
ISBN
発行年月
本体価格
第14回
【南洋 編】
全12巻(第101〜112巻) 4-283-00419-7
2004年2月
120,100円
101 南洋と日本 A5判・550頁・図多 4-283-00230-5 11,000円
井上清 著/後藤新平 題字/大倉喜八郎 序(大正社、大2) 〔参〕井上一「井上清略歴―息子井上一の見た」(新稿) ▼南進論概説 新嘉坡(歴史・貿易趨勢と日本・各国人勢力) 馬来半島の開発(英国・交通・富源・風物・ジョホール) 蘭領諸島 爪哇・スマトラ・ボルネオ・セレベス島 南洋五大産業(ゴマ・古々椰子・錫鉱業・砂糖・石油) 通商航海・移民
102 南洋の民族と文化 A5判・330頁 4-283-00231-3 9,700円
井東憲 著(大東出版社、昭16) 〔参〕土方久功「パラオ島民の部落組織」(昭16) ▼南洋の範囲 ポリネシア 宗教と民族精神 外南洋と民族運動 遺伝と混血 風俗と言語 南洋華僑 支那南洋民族の対日感情 南洋と大日本の使命
103 南洋の言語と文学 A5判・340頁 4-283-00232-1 9,700円
宮武正道 著(湯川弘文社、昭18) 〔参〕宇野圓空「南方民族の宗教文化」(昭17) ▼南方語の現況と言語政策(非原住民・共通語) 南方に於ける日本語工作 東印度の言語分布 インドネシア語系 マライ語ローマ字化の歴史 ジャワ語簡易化運動 南洋文学の特質・概説 日本文学と類似せる南洋文学 東印度の現代小説・選訳
104 ジャワ・スマトラ
・ボルネオ
 東印度地方の
言語の実際
A5判・290頁・図 4-283-00233-X 9,700円
村上清 著(湯川弘文社、昭19) 〔参〕安田馨「チヤンデイの語原―爪哇の仏蹟」(昭15) ▼東部ボルネオ(テドン人) スマトラ(アチェ人、カロー・バタ人、メナンカバウ人) ジャワ(ジャワ人・スンダ人)
105 比律賓在留邦人
商業発達史
A5判・490頁・図多・折3 4-283-00234-8 11,500円
渡辺薫 著/寺尾進 序(南洋協会、昭11) 〔参〕社会局「我国商品の海外進出と我国労働条件に関する海外諸新聞の論評」(昭9) ▼日比貿易の起源 日本領事館の開設と商業館 移民当初の模様 バリの邦人 比島小売業に従事する邦人の批判
106 植民地として観たる
南洋群島の研究
A5判・180頁・折7 4-283-00235-6 6,000円
上原轍三郎 著(南洋群島文化協会、昭15) 〔参〕伊藤兆司「熱帯農業に於ける南洋農業の地位」(昭11) ▼農業植民地としての価値と人口収容力 土地問題 農業移住者政策(企業家・南洋庁による招来)
107 南洋に於ける
日本の投資と貿易
A5判・370頁・折1・索引 4-283-00236-4 10,500円
樋口弘 著(味燈書屋、昭16) 〔参〕山田文雄「大東亜共栄圏の経済」(昭17) ▼栽培事業・林業・鉱業・水産業・商業・工業 地域別(蘭領東印度・英領馬来・英領北ボルネオ・サラワク・葡領チモール・仏領ニューカレドニア・比律賓・仏領印度支那・泰国) 邦人投資事業の諸問題 日本移住民 日本の対南洋海運・経済外交 団体・施設 重要資源論 諸統計
108 在南洋邦人団体便覧 A5判・150頁 4-283-00237-2 5,000円
小出武夫 編(南洋協会、昭12) 〔参〕南洋協会「本会の創設」(昭10) ▼日本人会及諸団体 蘭領印度(爪哇・スマトラ・ボルネオ、セレベス其他) 英領馬来及英領ボルネオ 比律賓 仏領印度支那 暹羅 緬甸
109 南洋資料
人物誌・年表
A5判・480頁 4-283-00238-0 14,000円
南洋経済研究所 編(南洋経済研究所出版部、昭18〜19) ▼(人物誌〉小西干比古「南洋方面先覚者物語」、雑賀博愛「南方先覚者としての大江卓」、池田宝蔵「セレベス、ニウギニア物語―先覚者、民情」、田中長三郎「植物学者ルンフィウス小伝」、研究所「濠洲人名辞典」、山本繁蔵・柏野営一・横田武・稲喜蔵「内南洋を築きし人々―森小弁、赤山白三郎」、〈年表〉南洋群島・比律賓歴史・日本南方発展史(慶応三年迄)・安南史
110 南洋資料
蘭領東印度総督略伝
A5判・300頁 4-283-00239-9 14,000円
南洋経済研究所 編(南洋経済研究所出版部、昭18〜19) ▼和蘭東印度会社(要約・東印度百科辞典)、蘭領東印度総督歴代名簿・略伝、南洋庁歴代長官名簿・略歴、濠洲総督及知事略伝・名簿
111 南洋政治地理史考 A5判・200頁・図多 4-283-00240-2 6,000円
白坂義直 著(田中誠光堂、昭18) 〔参〕G・F・ハドソン著、藤沢保太郎訳「極東の熱帯地方」(昭16) ▼19世紀迄 日本の成長と東亜の発展 現代印度・濠洲・新紐蘭 泰国 旧英領馬来 現代南洋華僑 宗教・民族地図 比律賓 民族移動
112 南洋群島案内 A5判・500頁・図多・折1 4-283-00241-0 13,000円
大宜味朝徳 著(海外研究所、昭14) ▼北島謙次郎「南洋群島の価値と其使命―序に代へて」 行政(サイパン・ヤップ・パラオ・トラック・ポナペ・ヤルート) 熱帯産業(マングローブ・胡椒・タピオカ・棉花・パパイヤ・珈琲) 水産業 島民風習 群島素描(沖縄県人) 事業会社一覧(南洋拓殖・南洋興発・南洋貿易) 移住案内 外南洋概観 公私職員録